現在・将来を生き抜く為に、情報を整理し広報します


by nadfngadi

第94回 植草一秀先生は、無事なのか


【追記③】
植草先生のブログに記事が掲載されていました。
記事は、いつもの植草先生の言い回しと論調です。
無事でよかった。。。

渋谷事件については、植草先生がご指摘の通り、今の警察権力とメディアのありのままを晒しています。民主党をはじめとした野党は、ヘンリーさんが”渋谷事件の実行犯”の静止画像をアップロードしてくれていますので、これをプリントアウトして、徹底追及しなくてはいけません。

【追記②】
ブログは、復旧したようです。

植草先生も無事のようです。
まずは、良かった(ひと安心)。

【追記①】
植草先生の携帯サイトは、通常通り閲覧できます。
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1001861/

ゆうたまさんによると、
「ブログは明日の午前中には直るそうですよ。
心配などする必要ない単なるトラブルでしょう。」
との事です。

既に多くのブロガーの方が、声を発していますが、エコノミストの植草一秀先生のブログが急遽アクセス禁止となりました。
文言には、「アクセスが禁止されています。ブラウザで再読み込み(Reload)や再起動していただいても表示されない場合は、 URLが間違っているか、ココログ開設者がココログを閉じた可能性があります。」と明示されています。

URLは間違っていませんので、本メッセージを素直に受けると、“植草一秀先生自身がブログを閉鎖した”ということになります。
仮にそうであるならば、「何故、急遽ブログを閉鎖したのか」が問題になります。

ここで考えられる大枠としては、①自らの意思によって閉鎖した、②他の意思により閉鎖させられた、の2つです。

①に関しては、以前、植草一秀先生が、書籍「知られざる真実」の出版にあたって、“身の危険を感じていたことから出版を断念する”、ということがありました。今回のケースも同様だとすれば、植草一秀先生の身に危険が生じているので自主的に閉鎖したことが考えられます。

②の場合においては、①の比でなく、植草一秀先生の”身の危険レベル”が頂点を超えている状態だということになります。

最悪、①であって欲しい。
②は考えたくない。

いずれにしても推測の域をでませんが、現時点では、今しばらく動向を見守るしかできないと考えています。

※本ブログ『生き抜く力』を応援してくださる方は”クリック”をお願いいたします
にほんブログ村 政治ブログへ


この記事は、
『自エンド - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09077

『民主党 - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09160

『自民党 - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09149

にトラックバックしています。

衆院選で東京8区(杉並)から出馬予定の保坂展人氏を応援しています。

↑このバナーは『わんばらんす』のココロさんからお借りしています。
この掲載形式は、「カナダde日本語」美爾依さんの真似させてもらってます。


植草一秀先生の市場分析レポート『金利・為替・株価特報』で生き抜く力を養う!!

[PR]
by nadfngadi | 2008-10-31 00:08