現在・将来を生き抜く為に、情報を整理し広報します


by nadfngadi

第10回 政権交代(CHANGE)が必要な理由

政権交代が何故必要か。
下記のグラフを見て頂ければ、一目瞭然かと思います。



b0150290_22535532.gif


このグラフは、故石井紘基衆議院議員の書籍『告発マンガ利権列島』から、どういう構成主体にしたら、希望の持てる社会になるかを示したものです。
経済を支える者、即ち民間企業に就業する者の割合(C類)が40%が本来のあるべき姿(グラフ左)です。

しかしながら、現状の日本(グラフ右)はというと、経済的に支えるC類が28.9%の3,500万人。支えられる者達の中には、『AC、A’’、A’類(特殊法人や官公需専門企業等)』がなんと約1,100万人(大阪府人口と同程度)も忍び込んでいるではないですか!!

これでは、働けど働けど生活は一向に明るくなりません。ましてや、これから少子高齢化が加速します。我々C類(民間企業就業者=庶民)の負担は目に見えて急増していきます。そして、その負担は現在、年金破綻、後期高齢者医療制度等に現われてきています。

政権交代(CHANGE)の理由は、この『AC、A’’、A’類(特殊法人や官公需専門企業等)』の者達を粉砕する為です。現状の自公政権は、利権まみれ、渾然一体で修復が不能です。

【政府案の人材バンクは『天下り温存』策】
政府は新たに設立する人材バンクに「天下り」あっせんを委ねる提案をしている。しかし、この新しい人材バンクによるあっせんに政府が関与するなら、実体は変化しないだろう。しかも、これまで存在した2年間の天下り規制まで撤廃される。政府提案は「天下り」廃止ではなく「天下り」温存だ。これまで同様、形を変えて実体を残すことが繰り返される。制度の全廃を断行する以外に実効的な方法はない。

b0150290_10353321.gif


出所:知られざる真実 -勾留地にて- P98

政権交代(CHANGE)は、次の衆議院選挙で、民主党に投票することで可能となります。本ブログ『第3回 庶民が政治家を判別する基準は何か』をご一読して頂ければ幸いです。且つ、植草先生のブログ「植草一秀の『知られざる真実』」並びに、書籍「知られざる真実 -勾留地にて-」を是非是非、ご一読してください。真実を知ることで、開眼します。


※本ブログ『生き抜く力』を応援してくださる方は”クリック”をお願いいたします(ブログランキングへ)
b0150290_134450.gif

[PR]
by nadfngadi | 2008-07-18 00:48