現在・将来を生き抜く為に、情報を整理し広報します


by nadfngadi

第113回 我々庶民を借金漬けにした「小泉・竹中政権」

我々庶民の生活をボロボロにした新自由主義者「小泉・竹中」。その流れを踏襲している自民党と公明党は、「市場原理主義、小さな政府、規制緩和、官から民(オリックス?)へ、公的福祉費用の削減」を進めています。小泉は、政権公約の国債発行額30兆円も結果(在任期間)守らず、赤字国債を大量に発行し(うち、財投債(特殊法人の為の国債)が半分程度らしい=天下り肥大政策)、我々庶民を借金漬けにしたのです。

前回112回では、純債務の観点において、日本は財政危機ではないことが明らかになりましたが、小泉・竹中等は、一般国民にとって不要な借金を膨大に増やした罪を、孫の代まで償う責務があるのではないでしょうか。

森田実先生の書籍から一部、ご紹介させて頂きます。

小泉構造改革が赤字国債を増やした
2001年度からの「小泉構造改革」による緊縮財政(投資関連支出、地方交付税交付金、医療費の削減)で、建設国債(公共事業などの財源に充てるために発行する国債)は削減された。

その結果、デフレが深刻化し、不況で税収が激減した。そこで赤字国債(特例国債)を増発せざるを得なくなった。

建設国債であれば見合いの資産がある。だが、赤字国債は、将来の景気回復による税収の増加で圧縮しなければならない。

この状況を改善するには、建設国債による景気振興策以外はない。

b0150290_21595353.jpg


出所:森田実氏書籍「崩壊前夜 日本の危機」より抜粋

※本ブログ『生き抜く力』を応援してくださる方は”クリック”をお願いいたします
にほんブログ村 政治ブログへ


この記事は、
『自エンド - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09077

『民主党 - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09160

『自民党 - トラックバック・ピープル』
http://member.blogpeople.net/tback/09149

にトラックバックしています。

[PR]
by nadfngadi | 2009-01-08 22:16